パチスロ -突破口-

パチスロ最新情報ブログ。天井狙い・設定狙い立ち回りに重要なポイントを解説しています。

 

【ボンバーパワフルⅡ】小役確率に設定差

ボンバーパワフルの小役確率解析が出ていました。

設定差があるのは弱チェリーと中チェリーになっています。

にほんブログ村 スロットブログへ
(C)SANKYO

通常時小役確率(CB中のG数込み)

ボンバーP 小役CB込み


こんな感じで若干の設定差。
しかしこの数字CB中のG数も含めた確率になっちゃってるんです。
CBは全設定共通なんですが、通常時は1G、ART中だと2G継続することもあり。
つまりART滞在率によって確率が変わっちゃいます。
ってことでこの数字は全然使えないです。

同じ条件で一番レアなパワフルチェリーの確率が1/69258.08になっているのですが、これが多分1/65536のフラグ。
なので分母に65536/69258.08をかけてあげればCB中を除いた確立になります。
それが下の表。


通常時小役確率(CB中のG数抜き)

ボンバーP 小役CB抜き

設定判別に使うならこっちです。

この数値使う場合、CBとCBが2G継続した回数も数えないといけないです。
なぜかって言うとCB中はボーナス中なので小役構成が変わっている状態になるから。
見た目の総G数からCBの回数とCBが2G継続した回数を引いたのを総G数として使います。

上の表の数字の方がカウントが楽ですがあてにならないのでカウントする意味がないですよね。
ぜひCB除いた確立で判別に使ってください。

合わせてチェック!
⇒ボンバーパワフル2天井詳細



--スポンサーリンク--





ブログ村ランキング参加中!1日1PUSHおねがいしますヽ(;▽;)ノ

にほんブログ村 スロットブログへ




ツイッターでブログ更新をお知らせしています。




コメントの投稿

秘密

   
スポンサーリンク
サイト内検索
カテゴリ
最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング ブログパーツ