パチスロ -突破口-

パチスロ最新情報ブログ。天井狙い・設定狙い立ち回りに重要なポイントを解説しています。

 

【シーマスター】天井到達時の前兆G数振り分け設定差

シーマスター~ララ、旅立ちのプレリュード~の天井到達時前兆G数振り分けです。

高設定確定となる前兆G数が存在します。

シーマスター
©ヤマサ

天井到達時の前兆G数振り分け


設定1~4

6G:100%

設定5

6G:50%
7G:50%

設定6

6G:50%
7G:25%
10G:25%


天井に到達した際の前兆G数は6or7or10Gとなるようで、設定1~4では必ず6Gを選択。
7Gの前兆が選ばれた場合は設定5or6、10Gの前兆が選ばれた場合は設定6確定となります。

天井G数が931Gなので、それぞれ発動G数が938Gで設定5、941Gで設定6確定となりますね。


ただし、天井G数のカウントはAT終了後からであるのに対し、データカウンターは主にベルこぼし3回後からカウントが始まるものが主流です。

つまり、正確な天井発動G数を察知するには、AT後にデータカウンターがリセットされるまでのG数をカウントしておく必要があります。

天井狙いでたまたま高設定確台にありつける…というのはちょっと厳しいみたいですね。
天井到達G数であからさまな強演出が発生したりするのであれば可能ですが、どうなんですかね?この台打ったことがないのでわかりません(;´∀`)


そもそも設定5・6で天井到達することも少ないだろうとは思いますが、もし設定狙いする場合はATGのデータ機とのG数ズレはチェックしておきましょう。




--スポンサーリンク--





ブログ村ランキング参加中!1日1PUSHおねがいしますヽ(;▽;)ノ

にほんブログ村 スロットブログへ




ツイッターでブログ更新をお知らせしています。




コメントの投稿

秘密

   
スポンサーリンク
サイト内検索
カテゴリ
最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング ブログパーツ