パチスロ -突破口-

パチスロ最新情報ブログ。天井狙い・設定狙い立ち回りに重要なポイントを解説しています。

 

【ベルセルク】小役確率・リーチ目出現率設定差

パチスロベルセルクの小役確率情報です。

小役確率はスイカに若干の設定差、またスイカ成立後はリーチ目出現率に大きめの設定差が存在します。

ベルセルク
©七匠

通常時・小役確率


強ベル(9枚):1/4096.0
9枚確定ベル:1/16384.0
13枚確定ベル:1/65536.0
弱チェリー(3枚):1/72.34
強チェリー(3枚):1/512.0
中段チェリー(リプ):16384.0
チャンス目(0枚):1/218.45
リーチ目合算(リプ):1/16384.0
MB:1/27.19

弱スイカ

設定1:1/94.71
設定2:1/94.98
設定3:1/95.26
設定4:1/95.53
設定5:1/95.81
設定6:1/96.09

強スイカ

設定1:1/655.36
設定2:1/642.51
設定3:1/630.15
設定4:1/618.26
設定5:1/606.81
設定6:1/595.78


スイカ成立後のリーチ目出現率

※スイカ成立の次G~ベルこぼしor転落リプレイ入賞まで

ベルセルク スイカ後 リーチ目出現率

リーチ目A・B合算

設定1:1/512.0
設定2:1/341.3
設定3:1/256.0
設定4:1/204.8
設定5:1/170.7
設定6:1/128.0


スイカ確率

小役確率はスイカに設定差があり、高設定は強スイカ、低設定は弱スイカが出現しやすいです。

弱スイカ…斜め揃い
強スイカ…並行揃い

また、これらを合算にすると約1/82.8~82.7(設定1~6)と、ほとんど差がなくなります。高設定ほど強役が出現しやすいので有利になっているということですね。

設定推測要素としてはほとんど気にする必要のないレベルの差です。


リーチ目

リーチ目はリプレイフラグとなっていて、通常の出現率は1/16384。

しかしレア役が成立すると、転落リプレイ入賞(基本的に通常リプレイが入賞する模様)まで確率が変化する仕組みで、スイカ成立後はこの間のリーチ目出現率に設定差が存在します。

スイカ入賞の次Gから通常リプレイ入賞Gまでを数えれば、出現率はチェックできますね。


リーチ目にもA~Fの6種類が存在します。
設定差があるのはリーチ目A・Bですので、停止パターンの特徴は覚えておきましょう。

リーチ目A:中段スイカハズレ
リーチ目B:左リール角チェ停止のリーチ目
リーチ目C:左下段赤7停止のリーチ目
リーチ目D:上段スイカハズレ
リーチ目E:上段スイカハズレ(強チェorチャンス目後のみ)
リーチ目F:中段スイカハズレ(狂戦士モード中のみ)


リーチ目はリプレイフラグですので、全ての停止型を把握していなくてもリプレイランプが点灯するか否かでも判断できます。

見慣れない怪しい出目だなと思ったらランプを確認し、点灯していたら左リールの停止型からA~Fのいずれなのかを判別しましょう。




--スポンサーリンク--





ブログ村ランキング参加中!1日1PUSHおねがいしますヽ(;▽;)ノ

にほんブログ村 スロットブログへ




ツイッターでブログ更新をお知らせしています。




コメントの投稿

秘密

   
スポンサーリンク
サイト内検索
カテゴリ
最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング ブログパーツ