パチスロ -突破口-

パチスロ最新情報ブログ。天井狙い・設定狙い立ち回りに重要なポイントを解説しています。

 

【北斗の拳 強敵】小役での状態移行・AT前兆当選率解析

パチスロ北斗の拳~強敵~の状態移行率・AT抽選情報です。

小役での状態移行は割と設定差小さめ。

北斗の拳 強敵
© Sammy

小役成立時の状態移行率

低確滞在時

北斗の拳~強敵~ 小役でのモード移行 低確滞在時

通常滞在時

北斗の拳~強敵~ 小役でのモード移行 通常滞在時

高確滞在時

北斗の拳~強敵~ 小役でのモード移行 高確滞在時


通常時の状態は低確・通常・高確・前兆の4種類で、前兆に移行すると最大32Gの前兆を経由してATが発動。
レア役・純ハズレ・3枚ベル成立時に状態アップ抽選、通常リプレイ成立時に状態ダウン抽選が行われます。

7枚ベル成立時(取りこぼし含む)にはモード移行抽選は行われません。
通常時の純ハズレを見分けるには中押しではなく逆押し手順で打つ必要があります。

【北斗の拳 強敵】小役確率設定差・逆押しフラグ判別手順


前兆移行のメインは中段チェリーで、低確・通常でも25%で前兆に移行。
強スイカ・強チャンス目成立時はモードアップに期待でき、強チャンス目は必ず1段階以上のモードアップとなります。

モード移行するタイミングはリールの第三停止時なので、青オーラ大などの高確確定演出が出ても当該ゲームの第三停止時に転落する場合がある点には注意しましょう。


設定差

状態移行率に設定差があるのは、弱スイカ・弱チャンス目・純ハズレのみ。

3倍の設定差があるポイントがいくつかあり、明らかに高確ではない状況でスイカでのAT当選や純ハズレでのAT当選が確認された場合は高設定の期待度が高まりますが、
低確・通常を見極めるのは困難ですし、出現率が低いのであまり重要ではありません。

状態移行ではAT終了後の高確スタートのほうが重要度が高いです。

【北斗の拳 強敵】AT終了後・設定変更後のモード移行率




--スポンサーリンク--





ブログ村ランキング参加中!1日1PUSHおねがいしますヽ(;▽;)ノ

にほんブログ村 スロットブログへ




ツイッターでブログ更新をお知らせしています。




コメントの投稿

秘密

   
スポンサーリンク
サイト内検索
カテゴリ
最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング ブログパーツ